Amazon Dash Buttonを使ってみた。

話題の「Amazon Dash Button」をついに購入しちゃったので、使ってみた感想?レビュー?です。

 

外観とか

届いたときの状態

裏面のシールを切って開封

中身はこんな感じ。右から ・引っ掛けるためのフック ・本体 ・黒: 説明書(セットアップ) ・白: 説明書(本体)

説明書(黒)の内容 いろいろな言語で最低限の説明がかかれています。

幅は6cmちょいくらい。

背面はこんな感じ。青い部分を剥がすと両面テープになっています。

仕様

白い方の説明書にかかれている情報です。

モデル番号 JK29LP
電源 1.5V 単4バッテリー
ワイヤレス シングルバンドWiFi(2.4GHz), 802.11 b/g/n, BLE 4.1
動作温度 0〜35℃

もちろん、技適マークもしっかりあります。

 

セットアップ

  1. 説明書にあるとおり、アプリを起動して[メニュー -> アカウントサービス -> Dash端末の新しい端末をセットアップ]とすすめます。

  2. 説明文が出てきます。Dash ButtonはWiFiにアクセスし通信を行うので、接続するWiFiのパスワードが必要になります。もちろん、WiFiに接続できない環境では利用できません。

  3. 指示に従ってDash Buttonを長押しすると、3秒くらい?で青色の点滅になりました。

  4. ちょいちょい、こんな感じの処理中画面に数秒~十数秒くらいなります。

  5. 接続するアクセスポイント名が表示されるので、正しければそのネットワークのパスワードを入力して[次へ] (あとでDash Buttonを初期化して再設定したのですが、初回に設定した際に[パスワードをAmazonに保存]が有効になっていたので、2回目は聞かれずに進むことができました。

  6. 次に商品の選択をします。このDash ButtonはPANTENEの商品(容量、シャンプー、リンスなど)が選択可能で、23種類ほどありました。

  7. 商品を選択すると、確認画面になります。[セットアップを完了]を押してセットアップ終了! むっちゃ簡単でした。

  8. あとは、Dash Buttonを利用する場所に設置して終わり〜

 

購入方法

「ポチッ」終了。あとは商品が届くのを待つだけ。すごーい!

初回の購入では、Dash Buttonの価格分(¥500)の割引が適用されると聞いていたのですが、購入金額のほうが安かったので、その分だけ割引になってました(まぁ当然?ですかね〜)

 

使ってみて…

その名の通り「ポチる」って感覚です! 1-Clickで注文されます。
セットアップも簡単でとてもかんたんに使い始めることができました。
頻繁に使うかと言われると微妙ですが、需要のある人にはあるのかもな〜といった感じです。

日本では購入できませんが、AWS IoT ボタンは出来ることも多いようですが、似たような仕様?で¥2300くらいします。こちらも、日本で発売されたらちょっと買ってみたいな〜とか思ってます。

とりあえず、商品の初回購入時にDash Buttonの値段分の割引があるので、もしDash Buttonのある商品を買う機会があれば買ってみる価値ありです。実質無料ですからね〜

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

One thought on “Amazon Dash Buttonを使ってみた。

  1. Pingback: Dash Buttonを初期化する。 | たくのこ Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です