MBP(2016以降?)の強い機能

MBPを購入して約3ヶ月。MBA(2013)から買い替えて少しずつ新しい機能に慣れて便利に使えるようになってきました。
そこで、自分が(最近の)MBPを使ってて便利だな〜と思う機能などをまとめてみました。

 

辞書機能

以前使っていたMBAでもありましたが、以前は3本指タップでその機能が使えましたが、現在はタッチパッドを強く押し込むことで辞書検索を行うことができます。特に自分は英語のサイトや論文を読む際に重宝する機能です。

どのUSBポートからでも充電可能。5Vからでも充電可能

自分の購入したMBPはTouch Bar付きのモデルで、Type-CのUSBポートが左右それぞれに2箇所ずつの計4箇所あります。
充電の際にはどのUSBポートに充電器を接続しても充電できます。今まではコンセントの位置などで配線が机の上に出てしまって「邪魔だな〜」とか思う事が多々あったのですが、好きなポートで充電できるので配線の取り回しが比較的綺麗に行なえます。

また、Type-Cに携帯などで利用する充電器からMBPを接続すると、そこからでも充電できます。他の場所に充電器を忘れた〜ってときにも自宅にある携帯用充電器からでも充電できるので、かなり便利です。
ただ、問題点として

  • それなりに強い2A以上?くらい出せる充電器じゃないとまともに使えない
  • ↑でも、普通にコンピュータを使用すると充電速度よりも放電速度の方が早い。
  • Type-A(普通のUSBポート) -> Type-Cのケーブルを持っていないとダメ。

などなど、ちょっと使える機会は限られるかもしれないですが、自分は夜中に自宅でMBPを充電しておくと行った使い方で使用していますが、とても便利です。

 

タッチパッドにレスポンス

keynoteとか一部ソフトで実装されている機能です。keynoteではオブジェクトが揃った際に少しタッチパッドにレスポンス(少しの振動)があります。

この感じが伝わりにくいとは思いますが…一度試してみてください。「なるほどな〜」ってなるはずです。

 

Spotilght

これは別に最近のMacだからできるってわけじゃないんですが、自分は結構多用する便利な機能なので紹介しておきます。
この機能は、自分がどの画面で作業してるときでもショートカットキーを押してSpotlightを起動することで、アプリを検索して開ける機能です。
いちいち、アプリケーションのフォルダーの中身を探しに行ったり、デスクトップを表示したりする必要はありません。結構便利で、マウスを使わずに目的のアプリを起動できたりします。

デフォルトのショートカットキーは覚えていないのですが、自分は現在Ctl+Spaceに設定しています。設定は画面左上のリンゴ🍎->[システム環境設定]->[キーボード]->[ショートカット]->[Spotlight]->[Spotlight検索を表示] の右側のショートカットキーをクリックしてから、登録したいキー操作を入力すればOKです。

 

TouchBarをカスタマイズ

これは、ほとんど使ったことの無い機能ですが…電卓を使う際のTouchBarをカスタマイズすることができます。
そのカスタマイズの際にボタンを画面からバーに移動する感じがすごいお気に入り。

上の画面にあるボタンをドラッグして…

下のバーまで移動させると、バーを編集することができます。

…伝わりましたかね? まぁ、そーゆーことです。

 

Sushiを流す

この機能のためにTouchBar付きのMBPを購入したと言っても過言ではありません。TouchBar付きのMBPはTouchBarに🍣を流す事ができます。

自分が作ったわけでもなんでもありません。ネットの強い人が作ったものを使用させて頂きました。
詳しくは https://github.com/mzp/sushibar を参考にしてください。

 

まとめ

そんなわけで、MBPの強い機能について紹介してみました。
自分も知らないような便利な機能がまだまだあると思いますが…とりあえずこんなもんです。

個人的にはスタバに持っていくならMid2016より前のディスプレイ背面のリンゴが光るタイプのMacの方がかっこいいんじゃないかな〜と思ってます。

良いMacライフを!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です