pyenvでpythonのOpenCV環境を整える

今回は、Pythonでちょいと画像系を触ってみたいと思い、pyenvを用いてOpenCV環境を構築してみました。
その時の備忘録って感じです。

 

環境
  • Mac OS X 10.10
  • pyenv 20141211-4-g97b957d
  • Python 2.7.9 :: Anaconda 2.1.0 (x86_64)
    (Python3系で構築したかったのですが、残念ながらpyenv+python3.X+opencvみたいな構成はできませんでした…。)

 

インストール
※ python3.Xでpyenvを用いてOpenCV環境を構築しようとして、途中で諦めています。実際に行った環境構築は”改めてインストール“以下を読んで下さい

pyenvはインストールされている前提で話を進めていきます。
まずは、pyenvからanacondaを導入します。

# インストールできるパッケージを確認
pyenv install -l
# とりあえず、一番新しそうなやつをインストール
pyenv install anaconda3-2.1.0
# この作業がちょっと時間がかかりましたが、気長に待ちましょう…。
memo : anacondaとは
pyenvにおける数値計算環境を構築するための様々なパッケージをまとめたもの。NumPyとかSciPyとか(数値計算に使うライブラリ)は標準ではインストールするのが大変だけど、それを簡単にしてくれる。 みたいなもの

インストールが終了したら、anacondaに環境を切り替えます。

pyenv shell anaconda3-2.1.0
# ( pyenv-pip-rehashをインストールしていない場合は、pyenv rehashを実行)
pyenv versions
-- >system
--> 3.4.1
--> * anaconda3-2.1.0 (set by PYENV_VERSION environment variable)
--> miniconda-3.7.0
--> miniconda3-3.7.0

これで、環境が切り替わりました。

 

さて、opencvをインストールしましょう!

conda install -c https://conda.binstar.org/jjhelmus opencv
--> Fetching package metadata: ...
--> Solving package specifications: ..
--> Error: Unsatisfiable package specifications.
--> Generating hint:
--> [ COMPLETE ] |##################################################################################################################################################################################################################################################| 100%
-->
-->
--> Hint: the following combinations of packages create a conflict with the
--> remaining packages:
-->  - python 3.4*
-->  - opencv

ん!?入らないぞ。。。
どうやら自分の調べた限りでは、pyenvでpython3.X+opencvの環境を構築するのはできないみたいです…
pyenvを使わないでなら導入できるらしいんですけど、あまりこだわる気は無いので…。

 

仕方なくpython3を諦めて、python2.Xでopencv環境を構築することにしました…。

 

改めて、インストール

まずは、pyenvを用いてanaconda-2.1.0をインストール

# インストールできるパッケージを確認
pyenv install -l
# とりあえず、一番新しそうなやつをインストール
pyenv install anaconda-2.1.0
# 気長に…気長に待ちましょう…。

 

インストールが終了したら、anacondaに環境を切り替えます。

pyenv shell anaconda3-2.1.0
# ( pyenv-pip-rehashをインストールしていない場合は、pyenv rehashを実行)
pyenv versions
-->  system
--> 3.4.1
--> * anaconda-2.1.0 (set by PYENV_VERSION environment variable)
--> miniconda-3.7.0
--> miniconda3-3.7.0

これで、環境が切り替わりました。

 

今度こそ、opencvのインストール!

conda install -c https://conda.binstar.org/jjhelmus opencv

どうやら、今回は無事にインストールが完了したようです。
やっと、openCV環境が構築できました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

動作テスト
OpenCVを用いた簡単なプログラムを動かしてみます。

簡単な画像を読み込んで表示するというものです。


import cv2
import sys

argvs = sys.argv
if (len(argvs) != 2):
print 'Usage: $ python %s filename' % argvs[0]
quit()

imagefilename = argvs[1]
try:
img = cv2.imread(imagefilename, 1)
except:
print 'faild to load %s' % imagefilename
quit()

# view image
windowName = 'LoadImage'
cv2.imshow( windowName, img)
print 'press any key to exit.'

cv2.waitKey(0)

ソースはコチラのサイトを参考にさせていただきました。

python-opencvチュートリアル | OpenCVで遊ぼう! OpenCVで遊ぼう

コチラのソースコードを実行してみると…

# python プログラム名 読み込むファイル名
python sample.py Lenna.jpg

スクリーンショット 2015-04-29 18.06.50
画像は、画像処理で有名なLennaさんです。 (Lenna | Wikipedia より)

 

これにて、無事にPython で OpenCV環境を構築することができました♪
できればPython3.Xで実行できたら良かったな〜思います。これから、いろいろとPython+OpenCVで記事を書いていきたいと思います♪

 

参考記事
pythonでOpenCVを使う一番簡単な方法 | Qiita Qiita

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

One thought on “pyenvでpythonのOpenCV環境を整える

  1. Pingback: Pythonで遊んでみる -part2- (NFCを使ってみる) | たくのこ Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です