Dash Buttonを初期化する。

一度設定したDash Buttonを工場出荷状態に初期化したいって事があると思います!  あるんです!!!

やり方としては、公式のヘルプ[Amazon.co.jp ヘルプ: Dash Buttonを無効化する]に書いてありました。

初期設定についてはこちら : Amazon Dash Buttonを使ってみた。

 

初期化する

  1. Dash Buttonを設定した時と同様にアプリを開き、メニューから[アカウントサービス]へ進みます。
  2. Dash端末の項目から[端末を管理]へ
  3. 現在設定されているDash Butotnの情報が表示されます。
    自分は1台しか持っていないのでわからないですが、複数持っている方は複数台表示されるのかな?
    削除したいボタンの商品名をタップして次に進みます。
  4. 商品の詳細情報と、支払いやお届け先などの情報が出てきて、一番下に[このDash Buttonを無効にする]という項目が出てくるので、それをタップ
  5. 確認表示が出てくるので、[はい]をタップ。
  6. 無事にDash Buttonの情報が削除されました。

 

さらに、工場出荷状態にするには、この処理をした後にDash Buttonを1度押せばいいそうです。(うまくいってなかったら商品が注文されるのではと、ちょっと恐ろしいw

さらに、公式の説明には「白色に点滅した後に赤色に点灯」とあるのですが、気のせいか「白色に点滅した後に赤色に点滅」した気がします。。。
まぁ、問題なさげでしたw

 

まとめ

Dash Buttonを初期化できました。自分は一度選んでしまった商品を削除(選び直しではない)したくて、この方法を見つけました。通常はWi-Fiの再設定をしたいときとかにやるんですかね。

公式の[工場出荷時の設定にリセット]の説明に、まずDash Buttonを無効化し…とあるのですが、なんらかの理由で以前のWiFiにログインできない際にはどうなるのですかね〜
設定されているWi-Fiに接続できないと、ボタンを押した際の挙動が初期化になってるんですかね?気になります!

とりあえず、これでDash Buttonの初期化ができました。再設定する際に、前回の登録でWi-Fiパスワードを記憶する的な事をしていると2度目はパスワードを聞かれないようです。 めでたし。

 

関連記事

Amazon Dash Buttonを使ってみた。 – たくのこBlog

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

One thought on “Dash Buttonを初期化する。

  1. Pingback: Python3でDashButtonのARPを見る | たくのこ Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です