Pythonで遊んでみる -part2- (NFCを使ってみる)

今回は、PythonでNFCをちょと触ってみました。

「NFC」とは、ソニーとフィリップス(現NXPセミコンダクターズ)が共同開発し、国際標準規格として承認された、今最も注目を集めている近距離無線通信技術です。www.nfc-world.com

つまり、SuicaとかEdyとかに使われている技術です。以前Amazonの支払いでEdyを利用して自宅で支払いをしていたので、SonyのFelicaリーダーがあったので活用してみました。

参考サイト
nfcpy.readthedocs.org | http://nfcpy.readthedocs.org/en/latest/
Qoncept Tech Blog / nfcpyでお手軽NFC開発 | http://techblog.qoncept.jp/?p=165

 

環境

以前の記事で作成した通りの環境です。

  • MacBookAir 2013
  • Intel core i5 1.3GHz
  • python2.X (anaconda-2.1.0)
  • NFCリーダー
    SONY RC-S370

NunPyを使うらしい&nfcpy.readthedocs.orgによると、nfcpyはpython2.X系でしか動かないようなので、anaconda-2.Xを使用しました。

最終的に導入したもの

  • bzr (2.6.0)
  • nfcpy (0.9.1)
  • pyusb (1.0.0b2)
  • libusb
  • libusb-compat

 

導入作業
bzrのインストール

brew install bzr

bzr(Bazaar)とは

Bazaar(バザー、以前のBazaar-NG、コマンドラインツールbzr)はカノニカルが支援しているクロスプラットフォームの分散型バージョン管理システムである。誰でも簡単にフリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアのプロジェクトに貢献できるように設計されている。Bazaar | Wikipedia
Pythonで書かれたgitみたいなものらしいです。最近ではあまり人気がなさそうとか…。
今回、nfcpyをインストールする際に利用しました。

 

nfcpyのインストール

先ほどインストールしたbzrを利用して、nfcpyをインストールします


bzr branch lp:nfcpy

bzrの使い方は実際、まったくよくわかってないです。これで、nfcpyを自分のPCにもってくることができました。

 

python-usbのインストール

brew install python-usbが見つからなかったので…http://sourceforge.net/projects/pyusb/にあるpyusb-1.0.0b2.zipを持ってきて解凍しました。(どうやら、pip install –pre pyusbでよかったみたいですね…。)

wget http://cznic.dl.sourceforge.net/project/pyusb/PyUSB%201.0/1.0.0-beta-2/pyusb-1.0.0b2.zip
unzip pyusb-1.0.0b2.zip

そして、インストール

cd pyusb-1.0.0b2
python setup.py install

どうやら、pyenvでインストールできましたanaconda以下に入ったみたい。

 

libusbのインストール
brew install libusb

次にlibusb-compatを入れようとしたら、なんだかエラー

brew install libusb-compat
--> Error: You must `brew link libusb' before libusb-compat can be installed

とりあえず実行…。

# brew link hoge でhogeパッケージの有効化を行う。
brew link libusb
--> Linking /usr/local/Cellar/libusb/1.0.19...
--> Error: Could not symlink lib/libusb-1.0.0.dylib
--> Target /usr/local/lib/libusb-1.0.0.dylib
--> already exists. You may want to remove it:
--> rm '/usr/local/lib/libusb-1.0.0.dylib'

--> To force the link and overwrite all conflicting files:
--> brew link --overwrite libusb

--> To list all files that would be deleted:
--> brew link --overwrite --dry-run libusb

なんだかまた言われたので、言われるがままに実行

brew link --overwrite libusb
# 今度は、何も言われなかった…。

そしてのインストール

brew install libusb-compat

今度こそ、無事に成功したみたいです。。。めでたしめでたし。

 

libusbが正しく入っていないと、サンプルを実行した際に以下のようなエラーがでました。

python tagtool.py show
--> [nfc.clf] searching for reader with path 'usb'
--> Traceback (most recent call last):
--> File "tagtool.py", line 512, in <module>
--> TagTool().run()
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/examples/cli.py", line 283, in run
--> while self.run_once() and self.options.loop:
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/examples/cli.py", line 230, in run_once
--> try: clf = nfc.ContactlessFrontend(device)
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/nfc/clf.py", line 105, in __init__
--> if path and not self.open(path):
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/nfc/clf.py", line 156, in open
--> self.dev = nfc.dev.connect(path)
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/nfc/dev/__init__.py", line 55, in connect
--> found = transport.USB.find(path)
--> File "/Users/takunoko/Develop/Python/nfc/nfcpy/nfc/dev/transport.py", line 169, in find
--> for d in cls.usb_core.find(find_all=True, **match)]
--> File "/Users/takunoko/.pyenv/versions/anaconda-2.1.0/lib/python2.7/site-packages/usb/core.py", line 1199, in find
--> raise ValueError('No backend available')
--> ValueError: No backend available

 

サンプルプログラムの実行

とりあえず、nfcpy/examples/にあるサンプルプログラムを実行してみました。

python tagtool.py show
--> [nfc.clf] searching for reader with path 'usb'
--> [nfc.clf] using Sony RC-S370/P at usb:020:019
--> [main] touch a tag
# (ここでSuicaをかざす)
--> Type3Tag IDm=01010410010f**** PMm=100b4b428485**** SYS=00**
# 隠す必要があるかわからないですが、**で伏せてあります。

QB Suica (以前、秋葉原でシールを購入しました)

おぉ…どうやら無事によめたっぽい。。。

 

ついでに、以前同好会で購入した書き込み可能なシールタイプのnfcタグも読んでみました。

python tagtool.py show
--> [nfc.clf] searching for reader with path 'usb'!!!
--> [nfc.clf] using Sony RC-S370/P at usb:020:019!!!
--> [main] touch a tag!!!
--> [nfc.dev] Driver.set_communication_mode() should be implemented.!!!
--> Type2Tag ATQ=4400 SAK=00 UID=04305bd2bb2b80
--> NDEF capabilities:
--> version = 1.0
--> readable = yes
--> writeable = yes
--> capacity = 135 byte
--> message = 36 byte
--> NDEF record list:
--> record 1
--> type = 'urn:nfc:wkt:T'
--> name = ''
--> data = '\x02enHello World!\n\ntakunoko web :)'
2015-05-03 11.18.21

書き込み可能なシール型nfcタグ

おぉ…なんだかきちんと読めてるっぽい…すばらしい!

 

2016/12/6追記

サンプルを実行しようとしたところ、以下のように怒られました。

AttributeError: dlsym(0x7fdbe065ecf0, EC_KEY_set_public_key_affine_coordinates): symbol not found

opensslの更新をして無事にうまくいきました。

brew upgrade openssl
brew link openssl --force

参考記事: nfcopyでNFCをやってみたんだぜ(1) – リハビリエンジニア

python – nfcpy: “Symbol not found”? – Stack Overflow

 

imoprt nfcをどこでも使えるようにする

※以下のやり方はたぶん正しくないです。あまり参考にしないでください…

lp:nfcpyを適当なディレクトリで実行して、サンプルの動作までを行いました。そこで、他のディレクトリでnfcをimportしようとすると…

python
>> import nfc
--> Traceback (most recent call last):
--> File "<stdin>", line 1, in <module>
--> ImportError: No module named nfc

とかって出てきます。これは、nfcへのパスが正しく指定されていないことが問題です。この正しい対処法は環境変数「PYTHONPATH」にnfcディレクトリが置かれている場所までのパスを追加することらしいです。
ですが、自分の場合はpyenvでインストールしていて、モジュールに関してpythonのバージョンごとに管理されています。それに則った対応をしたかったので…もともとパスの通っている場所にコピーしちゃいました。

# "~/.pyenv/versions/(利用しているバージョン)/lib/(pythonのバージョン)/"
cp nfc ~/.pyenv/versions/anacoda-2.1.0/lib/python2.7/

これで、どこからでもimport nfcでnfcのモジュールが利用できるようになりました♪
(正しいやり方を知ってる方は、ぜひ教えていただきたい…w)

 

まとめ

Pythonを使ってnfcタグを読むことができました♪ これをつかって、研究室の入退室管理とか、Twitter連携とかできたら面白そうだな〜と考えています。

以上、”Pythonで遊んでみる -part2- (NFCを使ってみる)” でした! 次回をお楽しみに〜♪

 

訂正

2015/10/12 : pyusbインストールの際のコマンドにミスがあったので訂正しました。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

3 thoughts on “Pythonで遊んでみる -part2- (NFCを使ってみる)

  1. 釜江常好

    視覚障害者のスマホやタブレット、PC利用を助ける仕事をやっています。いまWin7からWin10で、いろいろなアプリがNFCで始動できないか、勉強しています。nfcpyでWordやブラウザーを始動させるサンプルがあるでしょうか。

    1. takunoko Post author

      コメントありがとうございます。

      nfcからWordやブラウザの起動とのことでしたが、Wordについては知識がなくお答えできないのですが、ブラウザについては自分の知る限りsplinterやseleniumなどといったモジュールを用いて起動することができます。

      簡単ではありますがサンプルコードを作成しましたので、参考にしていただけると幸いです。

      # coding: utf-8
      # nfcからブラウザの起動

      from splinter import Browser
      import nfc

      def start_browser(URL="https://example.com"):
      ____browser = Browser('firefox')
      ____browser.visit(URL)

      def connected(tag):
      ____print("connected tag")
      ____print(tag)
      ____# nfcタグ書かれているURLなどの情報を取得することも可能だと思います。
      ____start_browser()

      if __name__ == "__main__":
      ____# NFCポート作成
      ____clf = nfc.ContactlessFrontend('usb')
      ____# カード待機
      ____print("wait card")
      ____tag_data = clf.connect(rdwr={'on-connect': connected})

      ____clf.close()

      (ブログの仕様上、コメント欄では行頭にあるスペースが省略されてしまうようなので、_アンダーバーに置き換えてあります。
      行頭の_アンダーバーが4つ並んでいる箇所を全てスペースに置換したものが本来のソースコードとなります。)

  2. Pingback: 学生証を読む。TuT | たくのこ Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です