Ubuntuにpyenvを用いてpython環境を構築しました。

Ubuntu14.10にPython3.4.3をpyenvを用いてインストールした時のメモです。

※いろいろと間違ってるかもしれないので、あまり信用しすぎないように…

Macでもpyenvを用いて環境を構築しました。その記事はこちら→

参考サイト様

 

pythonコンパイル時に必要なパッケージのインストール
sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev
pyenvのインストール

gitを用いて、pyenvをホームディレクトリ以下にコピーしてくる

git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

 

パスの設定
下記を使用しているシェルの種類に合わせてpyenvへのパスを設定する。
zshであれば、~/.zshrcに、bashであれば、~/.bashrcや~/.bashrc_profileに書き込む

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

シェルの種類は

echo $SHELL

で確認できる。

パスを設定後、

# source ~/.(設定したファイル名)
source ~/.zshrc など

を実行し、設定を反映させる。

 

pyenvによるpythonのインストール

以下のコマンドを実行して使用できるpythonの種類を確認する。

pyenv install --list

これを実行すると、”3.4.3”,”3.5-dev”,”anaconda-バージョン”,”miniconda-バージョン”みたいなものが、いろいろでてくる。それぞれ役割があるみたいだけれど、とりあえず最初のバージョンのみのものをインストール

pyenv install 3.4.3

※環境によって、この操作はそれなりに時間がかかるかも…。
これで、無事にpythonのインストールができました!

 

バージョンの切り替え

バージョンの切り替えは

pyenv shell 2.7.9

みたいな感じにバージョンを指定する。

以下のコマンドで現在のpythonのバージョンを確認できる

python --version

(pyenv-pip-rehashをインストールしないと、バージョンの切り替えの際に

pyenv rehash

を実行する必要があるとかなんとか…ちょっと詳しくないです…。)

その他便利なコマンドメモ
#インストール済みのバージョン一覧
pyenv versions
#現在シェルのバージョン切り替え
pyenv shell 2.7.5

最後に…
便利なツールpyenvを開発してくださったyyuu様、その他開発に携わってくださっている方々に感謝m(_ _)m

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

4 thoughts on “Ubuntuにpyenvを用いてpython環境を構築しました。

  1. うひょひょい

    わたしあんまりくわしくないんですけどアプト・ゲットでパイソンってはいらないんですか?

    1. takunoko Post author

      apt-getでもインストールできるみたいですけど、Pythonのバージョンの管理するのにpyenvを利用すると便利です^^
      2.*系と3.*系でいろいろと変更点があり、どちらのバージョンも使ってる人が多いそうなんで、状況に合わせて環境を切り替えることが必要になるとか。。。

  2. Pingback: pythonその4 環境周りとdjangoインストール | blog(vottie)

  3. Pingback: Raspberry Pi3にPyenvをいれてみた。環境構築メモ | ビット世界冒険記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です